転び日記

~明日できることは明日やれ。今日できることも明日やれ(爆)~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
拍手お返事
↓以下拍手お返事




続きを読む
スポンサーサイト
2011/04/28(木) 20:52:46 | 拍手お返事 | Trackback(-) | Comment(-)
開き直って雪風を語る(爆)
プレイステーションネットワーク(PSN)はいつになったら復旧するのだ!
オンラインゲームが出来ねえじゃねーかッッッ!!(涙目)

個人情報まで流出させおってからに!!
まあ、PSNでクレジットは使用してないのが慰めか。



日記で雪風雪風vvvとひとりではしゃいでいたら、
「なんのことだか分かんねー」という鋭いツッコミを頂戴しました。

ごもっともwwwwww

確かに、第三部が発売されていたことに浮かれるあまり、雪風が何であるかロクに説明もしないまま自己満足ではしゃいでいたからなぁ。(爆)
いきなり何の説明もなく、

クーリィ准将(♀)がどんどん漢前になっていて惚れるーーーー!

とか

雪風の存在がもう機械というレベルを超えているじゃねえか!
無人機レイフはもう雪風のペットだろwwww

などと読後の感想だけ書かれても、知らない人にしてみれば???に決まっているではないか。(爆)

すみません。
この際なので、雪風について熱く語ってみようと思います。
(↑周囲に雪風について話せる人がいなくて堪っていたw)

おヒマな方は、よかったらお付き合い下さい。
例によって独断と偏見と妄想が入り交じっておりますのでご注意を。(笑)


続きを読む
2011/04/28(木) 19:34:50 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
拍手お返事
『アンブロークンアロー』を読了以来、雪風熱が再燃中。

「アンブロークンアロー」を読んだら「改」と「グッドラック」の前2作も読みたくなって一気に読破し、さらに2周目突入。
現在脳内でひとり雪風祭り絶賛開催中。

嗚呼、今、猛烈に誰かと雪風について語りてぇぇぇぇぇ!!!

しかし悲しいかな周りに「雪風」知っている人がほとんどいない~(涙)


というか、雪風のMAD動画漁っていたら無性にOVAが見たくなり、つい密林でOVA(UMD版)を衝動買いしてしまった・・・orz





↓以下拍手お返事



続きを読む
2011/04/24(日) 20:34:33 | 拍手お返事 | Trackback(-) | Comment(-)
拍手お返事
↓以下拍手お返事



続きを読む
2011/04/17(日) 20:25:19 | 拍手お返事 | Trackback(-) | Comment(-)
戦闘妖精雪風
この間、特にこれといった目当てもなく書店をフラフラ彷徨っていたら
『アンブロークン アロー 戦闘妖精・雪風』(神林長平著)を偶然発見。

え、雪風の続刊が出てる!?
知らなかった。グッドラックで完結じゃなかったんだww
(まあ続けようと思えば続けられそうな終わり方ではあったが)

まさか続刊が出ているとは知らなかった、ラッキー
(奥付みたら単行本版はもっと前に出てたのね・・・)


といそいそ買って帰ったのはいいんだが、書店でこの本を発見した瞬間から、今に至るまでずっと、
頭の中でOVA版「戦闘妖精雪風」のムッシュかまやつが歌うEDテーマがエンドレス再生されて困っている。

誰か止めてーーーー!(爆)




続きを読む
2011/04/15(金) 21:22:21 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
踊る精霊
今日も大きな余震があった。
また今日も電車が止まって家に帰れなくなるかとビクビクしたじゃないか。
余震何とかしてくれ~~~(泣)



先日、ヤン・リーピンの「クラナゾ(藏謎)」を観てきた。
踊る精霊と呼ばれる、中国の国家一級(人間国宝)の舞踏家。
前々から気になっており、一度観てみたいと思っていた。


ヤン・リーピン凄ぇぇぇぇぇぇぇ!!!(感動)


手の表現力の凄まじさもさることながら、どんな動きでもブレない体軸。
腕の可動域が尋常じゃねぇwww

そして何よりその圧倒的な存在感。
彼女が踊り始めた瞬間からその世界に引き込まれ、客席からしわぶき一つ聞こえない。

目玉であるヤン・リーピンのソロダンス「菩薩の舞」、文句なく美しかった。
凄いとしかいいようがない。
短いのが残念だが、それでも見応えは十分あった。


というか、この人52歳ってマジか!
あの、無駄と云うものが一切無い、しなやかなボディラインが50代のもの・・・・
あれで50代なら私は・・・・いや、何も言うまい。


「クラナゾ」はチベット文化をモチーフにした舞台で、チベット族の歌舞を収集して作られたのだそうな。
荒削りで、泥臭いところがあるが、まあエネルギッシュな舞台だった。
だが、ヤン・リーピンのソロ「菩薩の舞」だけで十分客は呼べる。
他の民族舞踊は別になくてもい・・・

ところで、第8場で使われていた音楽って、攻殻機動隊の映画版2作目『イノセンス』の挿入曲「傀儡謡 陽炎は黄泉に待たむと」だよね?
こんなところで聞くとは思わなかったwwww


ああ、前回公演の「シャングリラ」も観に行っておけばよかったーーーーorz


つべにヤン・リーピンの動画があったので参考までに。
「月光」





↓以下拍手お返事




続きを読む
2011/04/11(月) 21:49:30 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
拍手お返事
↓以下拍手お返事



続きを読む
2011/04/06(水) 21:00:39 | 拍手お返事 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。