転び日記

~明日できることは明日やれ。今日できることも明日やれ(爆)~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「MGS4」今にも死にそうなプレイ日記5
~拳で語り合うジジイに萌えろ!~


ACT3では"ビッグママ"なる老女傑に会うべく、夜の闇に紛れて男の尻をつけ回す
と言うと聞こえが悪いが、要はレジスタンスの親玉である彼女の居場所を突き止めるため、レジスタンスメンバー(♂)を尾行するのである。

よって、戒厳令の敷かれた人気のない夜の街で、目星を付けたオッサン(レジスタンス)をひたすらストーカーしまくるという実に色気のないミッションが展開される。


冴 え ね え オ ヤ ジ 尾 け て も つ ま ん ね ー

このACTでは、尾行さえ上手くいけば、ほぼイベントバトルであるボス戦のみしか戦闘が発生しない。

当然相手に気取られぬよう尾行しなければならないわけだが、気が急いて接近しすぎて気付かれたり、連行されそうになっているのを助けてやる際こちらの姿を見られてしまったりと凡ミス連発。
スネークに気付いたレジスタンスが攻撃してきたので、投げ技で気絶させてその場をやり過ごそうと思ったら、焦るあまり操作を誤り、危うく首をヘシ折って殺しそうになったり、後を尾けているつもりがいつの間にやら追い越していたり(爆)などなど、散々であった。

尾行は性に合わん。

気絶させたレジスタンスが意識を取り戻し、再びビッグママのアジトへと向かってくれるのを、物陰でドラム缶被ってじっと待つあの侘びしさときたら・・・



イラつく尾行を終え、ようやくビッグママの居場所にたどり着き、彼女と合流。
色香の名残をいまだ留めているあたりに凄みがあるこのばーさん。

へえ、スネークとリキッドを産んだ代理母ってEVAだったのかぁ。

・・・・って一体幾つで産んだんだ?

「4」の時点でスネークは40代、ビッグママは80代って話じゃなかったか?
40くらいで産んだってこと?
・・・高齢出産じゃね?しかも多分初産。(大変そう)


彼女の長いお話を拝聴した後、アジトが敵に突き止められたとかで脱出劇スタート。
80代のビッグママがハンドルを握るバイクの後ろに否応なく座らされるスネーク。

腰に手を回すスネークに、ビッグママがいまだ女を感じさせる声音

EVAって呼んで

ばーさんが色気づいた!怖ぇ、怖ぇよ!(笑)
まあこの息子、彼女が愛したビッグボスにそっくりだから、気持ちは40年前に飛んでいるんだろう。
ビッグママも昔はいい女だった。今じゃ迫力の老女だけど。

ところで、あの生皮ずる剥けたミイラまがいの無惨なのが、本当にビッグボスのなれの果てなの?
えー・・・・・


ビッグママとタンデム中、敵を撃ちもらすと「なにやってるの」「下手くそ」といったお言葉が頂戴できるのだが、その言い方がかなーり凍てついていて、肺腑を抉るようだよ、ママ・・・(涙)
脱出行後に発生するボス戦、BB部隊のレイジング・レイブン戦(こいつのせいで地対空ミサイルを無駄に浪費してしまった!弾返せ!)が終了すると、後は長いムービーが始まる。
ACT3の真の存在価値はここで流れるムービーだろう。
ストーカーまがいの任務はおまけでしかない。



地下水路から出ると、そこに無防備に葉巻をふかしているリキッドの姿を見つけ、思わず声をかけるスネーク。

「リキッド・・・!」

声かける前に撃てよ。

わざわざ気付かせてどうする。
そこで黙って撃ち殺してりゃACT3でこのゲーム終わったかもしれないのにな。(笑)

そして始まるスネークとリキッドのどつき合い・・・CQC(近接戦闘術)での激しい応酬。
といってもこのムービーでは一方的にスネークがやられているが。
この上なく嬉しそう(偏見)にスネークを痛めつけるリキッドを見ていて思った。


リキッドってスネーク大好きなんだね。(腐)


あの拳の一撃一撃に愛が籠もっているに違いない。(黙れ)


ああ、ジジイふたりのどつき愛に不覚にもトキメいた。萌えた
バイオの「コードベロニカ」で嬉しそうにクリスをボコるウェスカー隊長を見た時の次くらいに萌えた。

リキッドって必要以上にスネークの体に接触していないか?
背後から抱きしめるようにして一緒にスタンナイフの電撃受ける姿は変態だね。スネークへの深い愛を感じるよ。(←頭腐ってます)
・・・ってもうダメだな、私。(末期症状)


ちょうどそれらを見ている時に友人から電話が掛かってきたので、殴り合うジジイ二人にいかにトキメいたか熱く語ってやった。(超迷惑)


この二人がもう少し若ければ、悦ぶ腐女子多かったんじゃないか?
私としては見た目60~70代の総白髪のジジイがドツき合っているところがイイんだが。

ヴァンプ雷電より断然こっちだろ。(自分的に)

取りあえず、ACT3での目玉はスネークへの愛を拳で語るリキッドと言うことで。(死んでしまえ)
今作のリキッド・オセロットって ノ リ ノ リ だ ね ♪


(妙なモノに目覚めつつ、次回に続く)
スポンサーサイト
2008/06/29(日) 19:33:04 | MGS関連 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。