転び日記

~明日できることは明日やれ。今日できることも明日やれ(爆)~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
家族旅行顛末記4
旅行最終日。
最後に待ち受ける試練。

無事我が家に帰り着くことが出来るか!?




<4日目>

初っぱなからケチのついたビミョーな家族旅行も今日で最後。
やっとお家に帰れる!(おいおい)
ちなみにこの時、4日もバイオおあずけ状態で、そろそろ禁断症状が。

・・・ううっ、ウェスカーが切れた。
誰か私にウェスカーを補充してくれ~(←心底アホ)


ちなみに本日は伏見稲荷に詣でてから、帰途につく予定。


伏見稲荷
昨日の清水寺同様、伏見稲荷もすごい人出。
人波に押されてゆっくり写真とることも出来やしない。

みんな律儀に初詣に行くんだな。
えらいものだ。

おきつねさま


←この鍵をくわえたおきつねさまが可愛かったので撮ってみた。
他にも稲穂(?)みたいなのをくわえているのもあった。



伏見稲荷を出た後、帰途へと就くも、帰省ラッシュの渋滞にハマる。
あああああ・・・・・

予想はしていたが、実際渋滞ハマるとめげる・・・


(寝るのも飽きたし)こういう時はPSPの出番だ!
と、買ったものの(「バイオ5」にハマり狂っていたせいで)未プレイだった「ジルオール インフィニット プラス」を始めてみた。

今回追加されたシナリオ「闇に閉ざされし塔」を、女主人公でスタート。
(毎回逆ハーレムを作りたいがため、主人公は必ず"女"と決めている)

おお、初っぱなからタマネギ宰相登場だv
記憶のない主人公は宰相閣下に拾われるのかv
おいしい~と喜んでいたら、魔道の塔出ると「あとは自分で何とかしろ」ってな感じで放り出された(笑)
まあ宰相閣下らしいと言えばそうだが、もうちょっと面倒みてくれてもいいのでは・・・
そう言えばノーブル伯イベント時のレムオンもほぼ同様の対応だったな。

ツンデレおさげ公爵とタマネギ宰相って結構性格似てるよな。(大笑)

ちなみにこのゲーム、出てくる美形男子のほとんどは性格が歪んでいる。
極度のシスコンだったり、無意味に腹を露出していたり、超俺様だったり、腹黒だったり、髪型が革新的すぎたり等、まともな奴はいない。
なかでも、タマネギ宰相・ツンデレ公爵レムオン・シスコン戦士セラという3大美男子キャラ(性格の悪さもトップクラス)でパーティーを固めるのが私のお気に入りだ。
今回もそれを狙う。

あ、でも今回はエルファスがパーティーメンバーになるらしいから、セラの代わりにエルファスって手もあるな。


エンシャントのギルドではイーシャとかいう新キャラが問答無用でパーティに入ってきた。

貴様誰だ!?(笑)


まずはエンシャントを拠点に依頼をこなしつつ、各都市をうろついて仲間集め。
通うのが面倒でいつもはスルーしている火の巫女フレア。
(フレアもエアも神殿に通うのが面倒なんだよな・・・)
今回は彼女も仲間になることでもあるし、珍しくフレアの元に通ってみようかとむらっ気を起こす。
が、Lvが低すぎて火の精霊神殿まで辿り着けず終わる。(参道にいる雑魚敵に蹴散らされた・・・)

今回もフレアはスルー決定
私にはイークレムンがいればいい。(爆)

さぁてそろそろレムオン兄様に義妹にしてもらおうか!と足をロストールへ向けた矢先、

突如真っ黒になるPSPの画面。

げっ!バッテリー切れた!

ええっ、まだリベルダムにもロストールにも行ってないのに!

なんということだ!

まだレムオンお義兄様に逢ってないよ!!!
ツンデレレムオンお義兄様にも、ガルドランにすらお目にかかれず・・・・
結局、フル充電だったバッテリーが切れるまで、ストーリーを進めるどころか、ちまちま賞金稼ぎだけしかしなかったうちの主人公・・

・・・なんかゴブゴブ団のやつばらに幾度もボコされた記憶しか残ってない・・・(泣)



そうして肝心の道路状況はと言えば、渋滞で全然進んでない。
相変わらずののろのろ運転。
前方に延々と続くテールランプの長蛇の列を見てうんざり。


ああああああ・・・・・orz

PSPのバッテリーは切れ、もはやゲームはできない。
酔いやすい為、車内で本を読むこともできない。
恐ろしいほどの退屈。


どうやって時間を過ごせというのか・・・
また寝るか・・・
しかし寝るのももう飽きた・・・・



まだ道のり半ばでこの状況。
一体いつになったら家に帰り着けるのか、まったく予測できない(泣)

そもそも今日中に帰り着けるのか、コレ・・?


悲嘆にくれつつ車窓から見る空は、無情にも暮れていくのだった。









その後もなかなか渋滞から抜け出せず、自宅に帰り着いた時は、もう日付変わっていた
実にバスに12~13時間も乗っていたことに。

拷 問 だ っ た 
(もういっそ途中で降ろしてくれと・・・)



もう年末年始の旅行は嫌だ・・・
「来年は北海道行きたいわね」とのたまう家族が悪魔に見える・・・


頼むから私は置いていってくれ・・・


スポンサーサイト
2010/01/17(日) 19:13:01 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。