転び日記

~明日できることは明日やれ。今日できることも明日やれ(爆)~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
2歩進んで3歩下がる~(爆)
一月ほど前、立ち向かってみたもののあっけなく挫折したソロマーセでの殲滅。
雪辱を期して再度挑んでみた。
前回はニワトリを取りこぼして149体で終わったので、今度こそ殲滅してみたい。(悲願)

というか、すでに発売から1年以上もプレイし続けているのだから、いい加減殲滅ぐらい出来るようになりたい。
人 と し て 。(爆)


今度は前回の轍を踏むまいと最初にきっちりニワトリを始末。
そうして襲い来るマジニの群れにあっぷあっぷしながら必死のサバイバルを繰り広げる我が家の黒ウェス。

だが今度こそという気負い虚しく、
149体どころか、135,6体目でタイムアップ。


・・・・た・・・退化した・・・・!?

上達するどころか退化しておる・・・・(愕然)



ぜ、全然時間足りなかった・・・。
カーク来るの早すぎ・・・(喀血)




またしても速攻で心が折れ、己のあまりの下手っぷりに絶望しつつPS3の電源ポチ。
そのままふて寝。

フッ、殲滅など所詮夢まぼろしよ・・・・(しくしく)





ある日のことである。
いつものようにバイオで野良を放浪していたところ、長らく空気フレで音信不通だった人から何の前触れもなくいきなり招待メッセが飛んできた。

おいおい事前にご都合伺いのメールくらいよこせよ。(普通は招待する前に相手の都合を確認する)

というか、この人誰?(爆)


かなり以前、アホみたいに毎日野良チースレやっていた時分(まだまともなプレイしていた頃)にフレになった人だとは思うのだがそれ以上の記憶はない。
遊んだのもその野良での一回きりであり、その後まったく音沙汰がなかったので、どういう経緯でフレになったのか、相手が何者であるかすら覚えてない。


でも暇だったので行ってみた。(笑)

あわよくば日記のネタが拾えるかも、と思ったことは否めない。
来たのはリニユオンマーセの招待。
あまりリユニオンの方はやってないから慣れてないんだよな~と思いつつジョインしてみたら、いきなり監獄だった。

・・・監獄・・・。(汗)
死ぬな、多分。

ジョインすると、VCもテキチャもメッセもなくいきなりゲーム開始。(野良とあまり変わらない気が・・・)

最初に抱いた予感は的中し、死にまくる私。
必死になるあまり、相手がカモン連呼しているのも気付かないありさま。
しかも、140コンボ繋がったあたりで毎回謀ったようにおっ死ぬ私の世紀末


やめて、残敵があと僅かだからって私を一人にしないで!
置き去りにされると死んじゃうーーーーーー!!!(いやマジで)


あまりに死ぬので、申し訳なくて段々いたたまれなくなってきた。

ネタ拾うどころか、これでは私の方がネタじゃねえか!!!(血涙)

こないだ空気フレの奴と気まぐれでリユニオンしてみたら、そいつが笑っちゃうぐらい超ド下手でさぁ」みたいな?(笑えん・・・)


度重なる死亡の後、相手がコンティニューをNOにし待機画面に戻ったところで
下手でごめんなさい」とメッセ送ってセッションから逃げ出した俺
心が折れたのでそのまま電源ポチ。(ヘタレ炸裂)


そんな惨状を晒したのでてっきりフレ削除されると思っていたが、今でもまだ残っている・・・不思議だ。(笑)






ある日のことである。
今度は空気ではなく、最近ちょくちょく遊んで下さるフレさんから、旧マーセに誘われたのでいそいそと出かけた。

ステージは監獄。
青汁で合流無しでやりたいのでつき合って欲しいとの事。

嗚呼フレ様、あなたはなんと勇者なのか。

それ間違いなく死にますよ。私が。(賭けてもいい)


ちなみに、青汁を使うのはフレさんだけで私は隊長を使用。
だがしかし、うちの隊長は箱入り中年なので、星・黒共にこれまで一度も監獄を単独行したことがない。(汗)
よりによって私をパートナーに指定してきたフレさんの剛毅さに軽く感服した。
よっぽど他に人がいなかったのですね。分かります。(爆)

黒ウェで洞窟側を担当したのだが、TB回収して洞窟にたどり着くまでに体力半減しているというヘタレっぷり。
小野さん来る前に死ぬこと多数。

もう涙も出ねえよ・・・orz


黒ウェに早々に見切りをつけ、星ウェに変更するも事態はさして変わらず・・・orz
何度か挑んだが、一度もクリアまで至らなかった。
役立たずな隊長でごめんなさい(大泣)


私、ちょっと監獄に特訓しに逝ってきます・・・・・(しくしくしく)




すみませんすみませんふたりともごめんなさい。
至らない私を許して下さい。


・・・もはや本気で馬鹿プレイしか私の生きる途はないやもしれぬ。


スポンサーサイト
2010/04/17(土) 19:40:05 | バイオ5 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。