転び日記

~明日できることは明日やれ。今日できることも明日やれ(爆)~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
エイムできないヘタレが挑む「バイオ6」迷走プレイ記
発売日から一日遅れで届いた「バイオ6」。
届いた「6」のパッケージジャケットをしげしげと眺め、ふと思う。

うん6のは結構カッコイイ。

でも、オペラクのジャケット微妙にダサかったよなぁ(大笑)


なにやらショボイ洋ゲーのようなあか抜けなさに思わず首をかしげたが、あれはナンバリングタイトルじゃないから手を抜いたんだろうか。表紙デザインも外注?
(パッケージも頂けなきゃ中身もビミョーだったが・・・)

ともあれ、今回の「6」のジャケットのデザインはまともで良かった。(笑)
しかしバイオハザードシリーズも、ナンバリングがついに6か・・・。
思いの外、バイオも続いているな。


「6」はヘタレにはかなり手強いとの話を小耳に挟み、プレイする前から腰が引け気味だったりしないでもない。(爆)

だがしかし、もしかしたら、万が一、ひょっとするとウェスカーが出るかもしれぬとの微かな望みを抱いて死に物狂いでプレイするものである。


難易度は言うまでもなく「アマチュア」を選択。

無理な背伸びはしない、それが身上wwww





~ 右見て左見て、もう一度右見てそして車に轢かれるレオン ~

OPではタイトル画面に辿り着く前に、チュートリアルを兼ねたプロローグをいきなりプレイさせられる。
よろよろになったレオンが、同じくよれよれのヘレナ抱えて何かから逃げている。(笑)

ゾンビに囲まれ、逃げようとしたら、どうやらその場面では強制的にゾンビと戦わねばならないらしく、一定範囲から出られない。

ちょwwwww

しかも初っ端からコマンド回避イベントの連続ときた。


おまけに助けてくれたヘリは、"バイオに出てくるヘリは墜落する"のセオリーを見事に踏襲。
何このオス●レイwwww

必死でコマンド回避と戦闘をこなしプロローグを終えると、ようやくタイトル画面。
そして本編開始。

すでに疲れたわ。(爆)



本編は「レオン編」「クリス編」「ジェイク編」の3シナリオから選択式。
まずはレオン編から始めてみることにする。



ウイルスが蔓延し、かつてのラクーンシティーと同じ悪夢に染まったトールオークス。
ゾンビ化した大統領をやむなく射殺したレオン。
この事態を引き起こしたのは自分のせいとほざく新キャラヘレナと共に、ゾンビが跋扈する街を抜け、今回の事件の「証拠」があるという教会へと向かうことに。

てめえのせいかよwwww



レオン編冒頭は体験版でプレイした部分だったので、問題なく進めた。
途中、フレさんからお誘いがあったので「よし、寄生しようww(待てコラ)」とソロからco-opに切り替えてプレイ。
初見のマップ、右も左も分からないのでフレさんの後をひたすらくっついていくコバンザメ状態。(←相変わらずの役立たずっぷり)

しかしレオン編のチャプター1って、暗くて周囲が見えづらいエリアばっかりだな!
真っ暗な地下道本当に恐いんだが。
しかもゾンビが不自然なゾンビ走り(かなり早い)で駆け寄ってくるのが不気味だ。(こっち来んな)
二人プレイだからよかったものの、ここをソロプレイだったら相当恐いだろうな・・・。(基本ビビリ)

地下鉄線路上を移動する際、フレさんに「電車から来るから出来るだけ端を移動するように」と言われ不思議に思っていると、本当にすぐ脇を電車が猛スピードで通過していった。

ちょ、マジかよ電車wwwww

これ轢かれるの!?コマンド回避失敗したら一発轢死だとーー!?

フレさんがいなかったら、間違いなくここで轢死していたな・・・。
妙なネタ考えおってからにカ●コンめッ。



地下から市街地に出てからも、今度は画面外から突然突っ込んでくる暴走自動車が即死トラップとして待ち構えている。
危険な場面が何度もあった。
うかうか歩いていると死にかねん。(汗)
そう分かっていたハズなのに、

フレさん「そこ危ないですよー」
私「え?」
とっさにどちらに逃げればいいのか判断しかねている間に、突っ込んできたトラックに轢かれて我が家のレオン即死


ああああああああああーーーー!



めでたくも(?)初めての死亡はトラックによる轢死とあいなった。orz

すぐさまリトライをかけ、もう一度チャレンジ。
そうかあそこに立ってたら危ないんだな。ならばここならよかろうと安全地帯を見極め別の場所に立っていたところ、またしてもさっきと同じ暴走トラックに引っかけられ宙を舞う我が家のレオン。


あああああああああーーーーー!



全然見極めが出来てないしwwww

また即死かと思いきや、今度は体力は減ったもののまだ生きていた。

あれ、今、はね飛ばされて宙を舞ったのに生きてるぞ?

そう言えばさっきモロに轢かれた時は宙を舞う間もなく死んだな。
もしかして、当る角度とタイミングで即死する場合とダメージだけですむ場合とがある?
変な所リアルなんだな。
というか、そんな検証を我が身でやる予定はなかったんだがな・・・。



今回即死トラップ(電車・車)多くないか!?
ある意味ゾンビより厄介なんだが。
クリーチャーにやられて死ぬならそう言うゲームだからと諦めもつくが、車や電車で轢き殺されるのは嫌だwwww


ハンドガンだとエイムがあまりに下手くそで弾が一向に当らないので、途中で拾ったショットガンでブッパしながらプレイ。
もう私にはショットガンしかない。
照準が多少甘くても何とかなるショットガンが大好きだ。(爆)


そのブッパぶりを見たフレさんに「ナイフ使わないんですか?」と笑いながら訊かれたが、使いませんwww。(絶対分かってて訊いたよね?)


「ナイフはただの飾りです。上手い人にはそれが分からんのです」
(意味:ヘタレにナイフは使いこなせません。アイテムスロットの飾りです)



その後、生き残りの住人たちとともに銃器店に立て籠もってゾンビ群の襲撃を耐え抜き(中にすげえデブのゾンビがいたんだが、何あれハート様?w)、ボロバスに乗り込んで街を脱出し、まずはチャプター1終了。


終わったー!
所要時間は1時間半くらい。フレさんの助けがあったので私にしては早いタイムだと思う。
ソロプレイだったら、軽くこの倍はかかったに違いない。(爆)

フレさんありがとうございました!


それにしてもバス、これまでの経験からして、このまますんなり目的地である教会にたどり着けるとは思えないんだが。
勘ぐりすぎだろうか・・・





スポンサーサイト
2012/10/08(月) 21:30:54 | バイオ6 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。