転び日記

~明日できることは明日やれ。今日できることも明日やれ(爆)~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マントに萌えたら負けw
ケーブルテレビでやっていた「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」を暇つぶしに観てみた。

ウルトラマンキングの声を小泉元総理がやっていたり、初代の黒部進やセブンの森次晃嗣が出演しているという微妙に豪華(?)なキャスト。
どうせけつまんねーんだろうなと、懐かしさだけでまったく何の期待もしないで見たのだが、気付けば色々ツッコミまくりながら楽しんでいる自分がいた。(爆)


この映画、CG多用、ど派手な格闘アクション満載な娯楽作である。
え、内容?そんなものは求めてはいけない。(おい)
今時は格闘シーンがずいぶん格好良くなったんだなぁ。見ていて楽しいよ。
昔はプロレスみたいというか、泥臭い戦い方してたのにw


昔はウルトラマンシリーズが好きでよく見ていたが、主人公のルックスが好みじゃなかったりなんだりでいつの間にか見なくなって久しい。
なので最近のウルトラマンは全然知らない。

そのため、映画にはなんか見たことねーウルトラマンがいっぱいいた。

ウルトラ一族増殖してるじゃねーか。(大笑)

そのウルトラマンはどちら様?


つか、古株の皆様(初代とかセブンとかタロウとか)はエラソーにマント着用かよ。
出世したもんだ。

・・・やべえ、マント着用のゾフィー隊長カッコイイかも・・・

はっ!いや、ち、違う!
べ、別にウルトラマンたちのマント姿にときめいたりなんかしてないんだからねッ!(←マントに弱い)


見たところ、マント着用はどうやらタロウあたりまでのようだが、ここまでが指揮官クラスとか?
しかしよくよく考えると、ウルトラマンの銀色の体ってあれ服ではないよな?素肌なんだよね?
素肌だとすると、これは素っ裸にマントを着用してると・・・(黙れ)



ゾフィーの声はオタコンなのかw
そしてタロウの声はジャ○キー・チェン・・・・。

もはやタロウが何をしゃべってもジャッキーにしか聞こえない件

タロウが酔拳とか使いだしたらどうしようかとハラハラした。(ねーよ)






宇宙の平和を守るウルトラ戦士たちの故郷M78星雲。

都会だ!?

ウルトラの星が都会だ!(びっくり)

光溢れるウルトラの星は、意外にも高層建築が林立しスペースポートまで備えた美しく整備された超近未来都市だった。
ウルトラの星って文明国だったのか!超意外なんだけどwwww(失礼だろ)

そのコロセウムでは大勢のウルトラマンの皆様が格闘訓練に勤しんでいるという、ある意味恐い光景が広がる。

ここはスパルタかよ

こいつら、どうひいき目に見ても好戦的な種族にしか見えない・・・・。



そんな平和な光の国に、突如災厄が降りかかる。
封印されていた暗黒のウルトラ戦士ベリアルが復活し、報復のため金棒(違)振り回して殴り込んできたのだ。
ウルトラマン総出で迎撃するも強敵ベリアルにまったく歯が立たず、ベリアル無双状態。


待て、こいつ強すぎんだろwwwww
なんか目が側頭部にまで切れ込んでるし、視界広そう。(そう言う問題か?)


ベリアルにボコられ、次々と倒されていく歴代ウルトラ戦士たちの姿に唖然。(゚Д゚)エー



いやー!ゾフィー隊長が踏みつけられているッ!

きゃーもっと踏んでv


じゃなかった、頑張れゾフィー隊長www
せっかくマンやセブンと共に迎撃するゾフィーが途中まで格好良かったのに。
タロウに次いで善戦するものの、結局は踏んづけられて無様に伸びている姿が切ない・・・。



ベリアルの強さを強調せんがため、ここでのウルトラ戦士たちは皆かませ犬。
おまけにウルトラ一族オールスターで出演者が多いため、メインとなるメンバー以外のウルトラ戦士はとっても陰が薄い。
(エキストラ同然の扱いなウルトラ戦士もいることを思えば多分ゾフィーはまだいい方)


それにしても、敵に街が破壊され、逃げ惑う住民の皆様が全員ウルトラマンって何のギャグなんだ。
逃げる途中でお約束のようにこけるやつがいるが、こいつももちろん(名もなき雑魚の)ウルトラマン。
なんとシュールな光景であることか。


そんなこんなでついにウルトラの父まで倒され、たった一人の敵の前にあっけなく壊滅するウルトラ軍団


ちょwww


そしてエネルギーコアを強奪され、序盤で光の国終了のお知らせ


えええええwwwww



よその星を守ることにかまけすぎたのか、自国の防衛網がザルだった光の国。
宇宙の平和以前に、自国の脆弱な防衛力をもっとどうにかすべきだったのでは・・・。



エネルギーコアを奪われた途端、全住民ごとフリーズドライになってしまったウルトラの星。
そんな中、バリアでガードして凍結をまぬがれたマンとセブンにさすがベテラン組と思った矢先、足をおっ広げたあられもない姿のまま凍結してしまったゾフィー隊長

凍 る な 隊 長 wwww


でもそんなゾフィー兄さんが大好きだチクショウwwww



で、かろうじて難を逃れたマン・セブン・誰だっけ?(おい!)の3人が、打倒ベリアルのために色々頑張ることになる。

この時点でM78星雲にいたウルトラ一族はこの3人以外は全滅。
まあでも、ウルトラ一族って死なない(死んでもたやすく復活できる恐るべき一族)から、今回も間違いなく全員復活するのだろう。
壊滅しても安心して見ていて大丈夫。(それもどうなんだろうな)



対ベリアルの方策に、マンとセブンがアイツの力を借りようと言い出したせいで、レイの参加が本人の知らぬところで決定
大先輩二人の意を受けたメビウスが、事前に何の説明もナシで、唐突に、有無を言わさず拉致同然でレイを連れてくる。

相手の都合など聞かないウルトラ一族。
助力を断られるという発想は無いんだな・・・


ところでこのレイって誰?レイブラット星人って何?レイオニクスって?
大体こいつは地球人?ウルトラマン?
こいつの設定がよく分からん・・・・


変身能力を失っている間、マンとセブンは人間形態のハヤタとダンの姿を取っており、それぞれオリジナルキャストの黒部進と森次晃嗣がご登場。
彼らがローブ姿でメビウスたちを導く様子がどうにもオビ=ワンに見えて仕方ない。(苦笑)

・・・・それにしてもこいつらじーさんになったよなぁ。
まあ加齢は致し方ないことだと分かっちゃいるが、だが正直、シワシワのモロボシ・ダンを見たくはなかった・・・・




レイを加えて戦力補強(?)したところで、怪獣軍団を率いるベリアルの下に乗り込んで大乱闘を繰り広げる。
(押しかけ助っ人のやつらも来たが、お前ら誰だ?キャラがまったく分からんwww)

怪獣の皆さんが格闘戦で、着ぐるみの短い手足で一生懸命ハイキックやパンチ、ドロップキックなどを繰り出す姿がカワイイやら笑えるやら。
アクターさんがんばってるよwwwww

ベリアルの「行け!」の号令一下、ウルトラマンに向かって一斉にトテトテ走っていく(着ぐるみ走りにくそうw)怪獣軍団がやけに可愛らしくて吹いた。

くそう、こいつらカワイイ、カワイイよwww



この映画、途中まで話は面白かったが、終盤登場するゼロがチートすぎて話が・・・。
ここからヒーロー大活躍の安心のお子様向けに。
怪獣軍団を鎧袖一触、おまけにゾフィー・マン・セブンの三人がかりでも倒せず、ウルトラの父すら敗れたベリアルを一人でぶちのめすゼロ。

最初からこいつをベリアルと戦わせておけば皆苦労せずともよかったんじゃ・・・

そうすりゃレイもいらなかっただろ。
まあ実際のところ、ほとんど役に立ってなかったレイ。
戦闘中に暴走してむしろ味方に損害を与えていたくらいだ。(いる必要あったの?)
こいつ自身よりもこいつが使役するゴモラの方が100倍は役に立っていた。しかもこのゴモラやたらキレがよくて動きがいい。



ああそうか、この映画の主役ってゼロだったのか。(←今頃気付いた)

おまけにこのゼロ、セブンの息子だとッ!?

いつ間に息子作ったんだ!?
(ウェスカーもセブンも知らぬ間に息子作りやがってwww)



ウルトラの国で大層なおいたをしてしまい、宇宙警備隊にパクられ、レオの預かりとなっていたセブンのバカ息子ゼロ。
別の星でレオのスパルタ熱血指導を受けていたが、親父のピンチに駆けつけ大活躍。

かつて同じようなことをしでかしたベリアルがウルトラマンキングにブタ箱にぶち込まれたことを思えば、ゼロに対する処置はかなり寛大じゃないか。
これが主人公補正ってヤツ・・・
まだ若いとか言っていたから、もしかしてゼロは未成年設定?
たしかにイキがってるガキっぽ・・・やんちゃな印象ではあったが。(しかも態度デカい)


それにしても、実の息子に父親であることを黙っていたとか、どんな後ろ暗い理由があったんだ?

教えて、ウルトラセブンwww


しかも知らぬは本人だけで、ゼロの父親がセブンであることは周知の事実みたいだったが。
なんでなんだろうな。
詳細が分からないだけに気になる。

不義の子?

甥っ子の不祥事を見逃してやってくれとウルトラの母に泣きつかれたウルトラの父がもみ消した?(←妄想入りました)

ダメだ、妄想が止まらないwww


ウルトラの父と母が10万歳すぎてからタロウを得たことに比べれば、2万歳そこそこで息子のいるセブンはひょっとしてかなり若いパパなんじゃなかろうか。

セ  ブ  ン www (何やらかした?)



それにしても、レオはなまじセブンと師弟関係にあったがために、バカ息子の世話を押しつけられても断れなかったんだろうな。気の毒に。(笑)
ウルトラマンの社会って体育会系っぽいし、先輩に頼まれれば嫌と言えなさそうだ。

レオの弟のアストラにしても、ウルトラマンキングの従者みたいな扱いに見えるぞ。
きっと、命の恩人であるだけにキングに頭が上がらず、一生パシリにされるのだろうな。気の毒にw(←邪推万歳)



最後はゼロ(と仲間たち)がベリアルをぶっ倒し、エネルギーコアを光の国に戻して一件落着。
(エネルギーが戻った途端、何事もなかったかのように星もウルトラマンたちも現状復帰/爆)
激戦の最中命を落としたセブンもちゃっかり復活(やっぱり死なねーのか)し、

息子よ!親父!がしっ!ってなカンジのカンドーの抱擁シーンを見せてくれやがった。

何コレ・・・・(苦笑)

イキがっていても、パパンが好きなよい子のゼロ。(父に対してわだかまりはないらしい)

平和を取り戻した光の国で、小泉キングが安演説をぶってジ・エンド。


しっかし、なんでウルトラマンキングの声が小泉元首相なのかwww
まあ最悪だったウルトラの母の声に比べりゃはるかにマシだったが。



そしてこの映画で一番以外だったのは、配給元がワーナーブラザーズであったこと。

えwwwww




スポンサーサイト
2013/08/28(水) 00:10:30 | ウルトラマン | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。