転び日記

~明日できることは明日やれ。今日できることも明日やれ(爆)~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ジープがトラウマなウルトラマン(爆)
ネタには事欠かないウルトラシリーズ。
最近はウルトラマン関連の動画を渉猟するのが日課になりつつある。
しばらくはこれで楽しめそうだ。(笑)


兄弟の客演がしばしばあるエースやタロウを中心に漁っていたが、見てみるとレオも結構面白い。

何これスポコン?
当時スポコンものが流行っていたとかで、ウルトラマンでありながら熱血スポコンテイストのレオ。
セリフが熱い熱い。
でも子供向けにしては話がややハードである。(結構人が死ぬ)


レオの前半を数話拾って見てみたが、MACの隊長であるモロボシ・ダン(セブン)が毎回度を超したスパルタ特訓をおおとりゲン(レオ)に課すのが特徴。


レオにとって最大の脅威は敵星人ではなくダンなんじゃ・・・?


と思えるほどの非道な特訓の数々。(しかも本当にその特訓が役に立っているのか微妙)

ダンがドSすぎてどん引き。(大笑)


レオってめちゃめちゃ努力のウルトラマンだったんだな・・・。
境遇も不幸だし。

それにしても、レオの頭部デザインって、どう見ても火焔式土器。(爆)

MACのヘルメットのデザインもいかがなものか。(だせぇ)




レオは他のウルトラ兄弟とは異なりM78星雲の出ではなく、獅子座L77星の出身。
故郷の星を鉄パンツ マグマ星人に滅ぼされ、故郷も家族も全て失い、ひとりぼっちで地球人のふりして東京で難民生活中だったというやたら不幸な境遇のウルトラマン。

そんな彼が、セブンと地球の危機を見過ごせず、なまじ助けてしまったのが運の尽き。
足をヘシ折られ変身できなくなったセブンの代わりに地球防衛の重責を背負わされるハメに。

地球防衛組織であるMACの隊長モロボシ・ダンとして活動しているセブンの推薦でMACに入隊。
レオを一刻も早く一人前のウルトラ戦士に鍛え上げようとするモロボシ・ダンにしごきにしごきまくれられる日々がはじまる。


序盤のレオの基本パターンとしては、

敵星人出現→ 戦う→ 負ける→ 特訓する→ リベンジ!

まず初戦で負けるものの、特訓によって必殺技を会得し再戦して勝つ、という流れになっている。


この特訓がかなりくせ者である。スポコンを狙ったらしいが、常軌を逸している。
よく真夏竜は大けがもせずに乗り切ったな。
もうモロボシ・ダンの超鬼畜ドSっぷりにびっくりだ。(笑)

このモロボシ・ダンはあの「ウルトラセブン」のモロボシ・ダンだよね?(中年太りしてるが)

と思わず尋きたくなるほどの豹変っぷり。

苛烈すぎる特訓以外にも、毎回のように杖を首に突き付ける・投げつける・殴りつける、と鬼教官ぶりを遺憾なく発揮。

その杖、実は武器だろ?
(車のドアさえたやすく一刀両断したツルク星人の手刀を平気で受け止めたこの杖の材質を是非知りたい)

星人に襲われていたダンを助けようと割って入ったゲン(レオ)を、「邪魔だ!」と杖で殴りつけたりと理不尽極まりないダン隊長。(ダン曰く、ゲンの命を助けるためだったとか)





最初のきりもみキックの特訓も「肩が抜けんじゃね?目回って吐くんじゃね?(汗)」な激しさだったが、これなどまだ序の口。

海に落ちて意識不明だったゲンが意識を取り戻した途端、周囲の制止を振り切って滝修行に連れ出したり、
(滝の水を斬れという無茶な修行に行き詰まり、「出来なーい!俺には出来ない!」とゲンが叫ぶシーンで噴いた)

謎の練習マシーン(ダン考案)相手に孤独な真夜中の特訓させたり、
(「隊長、こんなことして何になるんですか?」ってセリフ本音だろ)

力一杯ブーメランを投げつけたり、
地に倒れ伏してもさらに投げつける

轢き殺す勢いでジープで追いかけ回す訓練に至ってはもう拷問にしか見えない。
(「お願いです!止めてくださーい!隊長ー!」ってゲンの心からの叫びだと)


このジープ特訓に一体何の意味が・・・?

しかも「逃げるな!車に向かってこい!」とむちゃぶりをする鬼畜ダン隊長。

ダン恐ぇぇぇぇぇ(笑)


これ危うく足轢きそうなシーンあるし、ボンネットからマジで振り落とされてるし。
ヤバすぎる・・・
危なすぎるだろ、コレ。

笑うところじゃないんだろうが、あまりにも異常な演出につい笑ってしまうジープ特訓。
しかもほとんどノースタントって話だし、本当、よく真夏竜死ななかったな。
(このシーン、顔が本気で引きつっているよww)


泡特訓とかもう意味わかんねーし(泡姫?)、

ムチまで出てきた時はお約束すぎて噴いた。
(レオに変身後、八つ当たりのように敵にムチ喰らわせていたのがまた)



↓ ゲンのハードSM特訓(一部)




こんな特訓やってりゃ、そりゃレオ強くなるはずだわ。(強くなるか死ぬかの二者択一な気が・・・)
血の滲むような特訓(というか本当に滲んでないか?)を経て、近接戦闘術ではウルトラ一族トップクラスとなるレオ。(レオは光線技不得手らしい)


後に、レオはセブンの息子ゼロを預かることになるが、こんな目に遭わされたのに、意趣返しすることもなくちゃんとゼロを育てたレオはかなりいい奴だ。
(レオの教育も結構スパルタだと思っていたが、セブンの狂気の沙汰な特訓を見た後では、かなりマトモだったんだと分かる)




レオは暗い話が多くて(狂気じみた特訓も非難されたとか)当時は子供受け悪かったそうだが、そりゃそうだろうな。(笑)
でも大人になって見直すとなかなか面白い。

エースやタロウもいいけど、レオも第一話から全部見直したいな~

スポンサーサイト
2013/09/16(月) 16:45:56 | ウルトラマン | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。