転び日記

~明日できることは明日やれ。今日できることも明日やれ(爆)~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「DMC4」泣く子も笑うヘタレデビルハンター妄動録5
~最強の敵!レーザートラップ~

MISSION12から主人公交代でプレイヤーキャラとなったダンテ。

ネロが取得していたスキルは全てプラウドソウルに戻されているので、ダンテ用に新たにスキルを取得し直さなければならない。
ダンテの場合装備武器がネロより多く、武器ごとに技を取得せねばならないうえ、スタイルレベルさえもプラウドソウルで購わねばならない事実に愕然。

何っ、今回は経験値でスタイルレベルが上がるんじゃないのか!

スタイルレベルまで金で買わねばならんとなると、手持ちの資金がちょっと・・・どころかかなり足りぬ。


金、金(プラウドソウル)をくれぇぇぇ・・・・!!(またか)



ダンテを本格的に開始する前に、ちょっとネロで小金稼ぎに行ってきます。
(またしても犠牲者はベリアルとクレド)


※スタイル・・・剣攻撃特化型の「ソードマスター」、銃攻撃特化の「ガンスリンガー」、移動重視の「トリックスター」、防御型の「ロイヤルガード」などの方向性別に特化された戦闘スタイルのこと。戦闘中随時切り替え可能。ダンテのみ設定。


「4」のダンテをプレイするにあたり、密かな野望が私にはあった。
それは、

無尽剣「ルシフェル」と、「ロイヤルガード」スタイルを使いこなせるようになること。


ヘ タ レ の 分 際 で 、 寝 言 は 寝 て 言 え 。

と言う声が聞こえてきそうだが、夢を持つことは大事だ。うん。
ロイヤルガードは「DMC3」時、全っ然使いこなせなくてほぼアンタッチャブル状態だったから、今回こそ使ってみたいのだ。
自分でもかなり大口叩いている気がしないでもないが、何事もチャレンジすることに意義があると思うんだな、これが。(無謀の極み)


武器「ルシフェル」はMISSION16まで到達しないと登場しないので、それまではまず「ロイヤルガード」スタイルの訓練だ!
と意気込んでスタイルを「ロイヤルガード」にしてM12をスタート。


・・・・ウフフフ、初っぱなのザコ敵にボコボコにされちゃったv(血涙)


ネロと切り替わったばかりで操作系の違いに思いっきり戸惑っている所に、ただでさえ使い難いロイヤルガード。

お 前 死 ぬ 気 か ?


「あれ?あれ?」とやっている間によってたかってボコボコにされるダンテ。

ロイヤルガードどころかッ!

慌ててスタイルを「ソードマスター」にチェンジして敵を殲滅。
いいね、ソードマスター。「オートマチック」と組み合わせると、めちゃくちゃなボタン連打でも勝手に技が発動してくれて実にありがたい。
イージーじゃなかったら、この出だしのザコで死んでいたな、今・・・・(遠い目)


しかし、本当の試練はこの後待ち構えていた。


M12の途中にあるレーザートラップ仕掛けの通路。

通 路 が 通 れ な い !(悲鳴)


トラップのレーザー光線にひっかかりまくり、どうしても通路が通り抜けられない最強のデビルハンターダンテ。
下手なボスなんかより、ここのレーザートラップの方がよほど強敵だ。

タ ス ケ テ ー 

レーザーにひっかかって入り口に押し戻されること数度、フルだった体力ゲージはすでに半減。
それでもここを抜けないことには先に進めない。
コントローラー投げ出したい衝動に駆られながらレーザートラップに突っ込み、あっぷあっぷしながら回避行動を取っている最中、誤って「挑発」ボタンを押してしまったらしく、レーザーに対して「カマン!」と挑発ポーズとるお茶目な悪魔狩人の姿が!


カマン!じゃねえよ、このヴァカ!

何のボタンを押しとるんだ私の指ぃぃぃぃぃ!


狙った技はろくすっぽ出せないくせに、意図せぬ所で思わぬ技を繰り出す、本人にすら制御できない自由奔放なゴールドフィンガー。(笑)
ひょっとして最大の敵はこの指か!?

レーザートラップに弄ばれている間に、ダンテの体力ゲージは残り4分の1を切った。
もはや己の死が見えてきたので半ば自棄になり、このレーザーをロイヤルガードの「ロイヤルブロック」で防いでみようというアホな遊びをおっ始める始末。

己 を 知 れ !  

と言ってやりたいな、自分に。(自嘲)
できるわけねーだろ、と。
ロイヤルブロックどころか、ブロックすらまともに使いこなせないヘタレなのに、何という無謀。

※ブロック・・・ダメージを軽減する防御技。
※ロイヤルブロック・・・敵の攻撃を完全防御し、受けるダメージをゼロにする防御技。入力タイミングは鬼のようにシビア。



結果は、残り少ない体力ゲージがさらに減っただけだったがな。あーはっはっは!

命がけの遊びほど面白いのよ!(ヤケクソ)



お願い、レーザーさん、私を通して!(半泣)




回復アイテム使用して命を繋ぎながら、残り体力ゲージが一個分というまさに崖っぷちで何とか突破したレーザートラップ通路。

うおぉぉぉ、通れたぁ!!と狂喜したのもつかの間、体力回復もままならぬうちにアンジェロ系モンスター数匹に取り囲まれ、絶体絶命のピンチ。
もはや妙なこだわりはかなぐり捨て、ソードマスター(これだけは念のためLV4にしてある)に切り替えて必死に応戦。

馬鹿野郎、こっち来るな!寄るなぁぁぁぁぁぁ・・・・




何とかクリアはできたものの、M12はもう勘弁・・・(ガクッ)
スポンサーサイト
2008/12/27(土) 19:50:23 | DMC | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。